2012年08月20日

fête médiévale  中世の祭り

228.JPG


うっわー  かっこいいぃぃぃ!!   ナウシカの世界でしょ



(フランスに帰ってきましたが、イタリアの記事がまだまだ沢山あるので書かせてもらっちゃいます)



隣の村で開催されていた中世のお祭りにいってきました



人口1000人のこの村は、一年に一度、村全体が中世へとタイムスリップ



このイケメンが怪しいものかどうかチェックし、OKが出たら中へ


236.JPG


後ろの赤いマントのおじさんに色々話しかけられます  




なんなくクリア



村の中の細い路地には、 いきなりいろいろなパフォーマンス



ぶらさがって ぐるぐる回る女性の後ろから 大きな長足の男


252.JPG



路地には当時の洋服も展示   どれもかわいいなぁ


244.JPG




こちらはロウソク作り


馬のしっぽをロウソクの芯にしてたそうです


無駄のない時代ですね


223.JPG




こんな不思議な人達も  ちらほら



264.JPG




この女性はパンをちぎってくれました  夢が叶うようにおまじない



229.JPG




路地にはタロットも



256.JPG




ライブや昔の遊びスペースもあります



これはカエルのかぶり物をした人を水に落とすゲーム  




横の棒にボールがあたると椅子が畳まれて 水の中へまっさかさま


304.JPG




これは食事


291.JPG



食事は固いパンをくりぬいたお皿に豆のペーストが入っているものでした。




不思議な時間で本当に楽しかった〜




日本で言うと 日光江戸村 のような感じなのかな?



夜になっても祭りは続き、路地には電気でなくロウソクに火が灯されてました




来年も行きたい 癖になるお祭りです

posted by leyley at 03:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

交換会 スカンビオ

毎週木曜日の夜は『スカンビオ』という交換会が村の広場で行われます。


174.JPG


3輪の軽トラのような乗り物の上が会場です



ここでは使用しなくなった洋服や生活用品、自作の作品、食べ物などを持ちより



希望があれば物々交換ができるんです!




わたしたちは ごましおおむすび を持って行きました


176.JPG


めでたく、マクラメのブレスレットと交換できました!



トラックには持ち主のおじさんの版画の作品なども展示されていていました。


184.JPG


すてきな作品だなぁ




じゃがいもやトマト、パン、ヨーグルト、石鹸 なども生産者が販売していました。




いいですね こういう交換会。
posted by leyley at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

méditerranéen 地中海

村の幼稚園の遠足に混ぜてもらい、海水浴に行ってきました


137.JPG



波も穏やかで遠浅の海岸が長く続くので、子供たちにはもってこい



遠足は保護者がどこに行くか、いついくか自由に決められるそうで



ここ数週間は毎週、海に行っているそうです




もちろん保護者が行きたいから  という理由だそう




こういうノリ、いいですねぇ





問題  さて、これは何でしょうか


159.JPG


答え   これは、海の中に生える植物が海底で波にもまれ丸くなったものです




ふわふわしてとても可愛い




息子は海の中でこれを見つけるのが楽しかったようです





海岸には沢山のアフリカ人の売り子さんが水着やサングラスなどを持って売り歩いています。



こちらは籠やさん



504.JPG



保護者でまとめ買いをし、なかば強制的に大幅に値下げしてもらっちゃいました




イタリア女性の底ヂカラ  おそるべしっ!





もちろん私も便乗
posted by leyley at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

ライブ in 村

少し前に村の広場でライブがありました

264.JPG


この村は人口約200人ほどのとても小さな村ですが


海外からも自分の手で何かを生み出しているアーティストや

バイオダイナミック農法(シュタイナー農法とも呼ばれで太陽暦に基づき種まきや収穫をする方法)で野菜を育てている人

自分の家畜の乳からチーズを作っている人

カホンやディジュリドゥーなどの楽器職人

アーユルヴェーダのマッサージ師

音楽アーティスト

パーマカルチャーで生活を送っている人々

近くの森にエコライフで自分で家を立てて住む人

ハーバリスト

映画のディレクター

などなど


環境を考え、自分たちの手で出来る限りのことは生み出そうとしている人たちが
イタリア国内はもちろん、海外からも集まってきている魅力的な場所です。


202 - Copie (3).JPG

エキゾチックな女性の歌声と渋い演奏  かっこよすぎ!


(ちなみにこのライブは無料です)


かといって、個性的な若者ばかりではなく
昔からすむおばあちゃんやおじいちゃん等も普通に生活していて、みんなとても仲良しなんです。



このお祭りも村の人々はもちろん、近隣の村々からも夜を楽しみに沢山の人々がやってきました。



244.JPG


おじいちゃんに抱かれ眠ってしまった少年   良い光景




アンコールもかかり、最後には女性軍が前に出てリズムに合わせて踊り続けました


274.JPG


みんな本当に楽しそう




この村では誰もがイベントを企画出来、いろいろな催し物が盛りだくさん



そういうところ、益子と似ている気がします



大好きな友人一家が選んだ土地なので、素敵なところに違いないと思っていましたが



想像以上でした




イタリアでは政府に申請すれば、学校に行かせず、親が子供に勉強を教えることもできるそうです。



この村では幾人かの家族がそういうスタイルで子育てをしていて


皆で一緒に子育てをしようと親同士が会議を開くこともあるそうです。




マザーアースからの恵みを一番に考え



学歴や地位などよりももっと大事なことがあるんだと



そういう考えをもった大人たちのうしろ姿を見ながら育つ子供たち




どの子も本当に大きな声で笑っています。





つづきはまた次回



ボナノッテ!   (イタリア語でおやすみです)

posted by leyley at 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

トスカーナ

フランスでも南仏でオリーブやハーブは有名ですが


フランスの南の島のコルシカ島と同じ緯度に位置するトスカーナ


497.JPG



オリーブはもちろん、ぶどう畑、サボテン、またワインのコルクに使用されるコルクの木などが沢山生えてます。




それに自生しているハーブの種類の多いことにびっくりしました。


140.JPG



この村から車で15分くらいのところにある水が澄んでいてとてもきれいな湖には



どういうわけかユーカリの林があり



そのことを知らず、林に到着した時のあの空気の美味しいことといったら!



448.JPG



自然のアロマテラピーです



こんなにも清い、自然のアロマの空気に包まれたのは初めて!




体の細胞全部にこの清い自然のエネルギーが回るように




目を閉じて深呼吸を ゆっくりゆっくりしました。




乾燥している土地ならではの自然と、そこに生きる植物や人の暮らしがちょっとわかってきました。




ここでは、ハーブが生活に密着していて自分たちでオイルや石鹸を作っている人たちにも沢山出会いました。



453.JPG



使用するオリーブオイルも自分たちで育てている、自然100パーセントの石鹸、




今回ラトリエもアトリエまでおじゃまして石鹸やクリームなど、お譲りいただきました。




秋のイベントでご紹介しますので、ぜひ手にとってみてくださいね




しっとり、すべすべの最高の使い心地です!














posted by leyley at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

トスカーナの休日

ラトリエ一家、パリを離れイタリアは友人一家の住むトスカーナの小さな村に来ています。

092.JPG


“トスカーナ” 響きだけでも 太陽がいっぱいで、美味しいものが沢山のイメージ!


パリから飛行機で一時間半、ピサの斜塔で有名なピサに到着。


空港では一年半ぶりの友人とパリでは聞けぬセミの声がお出迎えしてくれました。



そこから車で約1時間半、オリーブ畑の間をすり抜けながら


山の頂に位置する友人一家の住む村に到着



493.JPG



ネット環境があまりよくないのでゆっくりですが



ここの生活をアップしていきます



044.JPG













posted by leyley at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

夜のピクニック

夏日が来て5日ほど経つパリです。


001.JPG


昼間は陽の光がとても眩しく、立ちくらみを起こしている時に感じる光のようで
外に出るのが、おっくうに感じてしまう時もあるくらいです。



おしゃれの為ではなく、目の為にサングラスを用意したほうが良いようです。



そんな最近は、我が家は昼間の眩しすぎる太陽が傾き出してから公園に出向きピクニックを始めます。



240.JPG



夜と言っても10時頃まで明るいので、沢山の人が公園に集まって
ピクニックをしたり、ワインを飲んだり、卓球をしたり、ダンスの練習をしたり、ただ単に集ったり・・・





思い思いに夜になるまでの時間を楽しんでいて、パリならではの公園の楽しみ方をしています。





夏休み中なので今の季節はツーリストも多く加わり




このあたりもパリならではの光景です
posted by leyley at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

ミステリーツアー in ノルマンディー A

昨日の続きです



さて、今回ご案内させていただいたお宿のご紹介です。



こちらです!



064.JPG


え    木   ?



そうなんです、 『 木 』 なんです。



皆さまは“ツリーハウス”というものはご存知でしょうか



日本でも自然志向のマインドを持ち、それを実践しながら生活をしている方々も多いと思いますが
そんな方にも人気ですよね。



大きな木が発する新鮮な酸素や大きなエネルギーに包まれながら睡眠をとったり、リラックスできるツリーハウス




今回お泊りいただいたお宿は1階


054.JPG


(写真上、傾いて見えますがきちんと真っ直ぐだそうです)


この上にもいくつかお部屋があるそうです



ここのオーナーさんはパリに住んでいた女性と、英国のご主人



当初パリを離れることが納得いかなかった奥さんですが、ご主人の強い希望で田舎に移り


2人の夢の世界を実現させたそうです。




今ではパリに戻れないほど、ここの生活が木に入って(気に入って)いるそうです




朝食はカゴに入ったものが用意されているので、ロープで引っ張るそうです


048.JPG



これを、木の上のテラスでいただきます


052.JPG


楽しそう!



昨日載せた写真はここにいるやぎと坊っちゃんでした



(お客様は 犬? と言ってたそうですが、 ヤギ、正確にはビケットです)



057.JPG







ガイドブックに載っていない旅をしたいお客様は



ぜひ、ラトリエプレゼンツのご旅行をぜひお申し込みくださいませ



034.JPG




おまちしております^^









posted by leyley at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

ミステリーツアー in ノルマンディー

トニさんお客様のご案内で5日程ノルマンディーを回ってきました。 


063.JPG




今回のラトリエプレゼンツの旅は今までにないお宿をご用意させていただきました





お客様には到着するまで内緒にしておいたので、驚きもひとしおだったようです^^





つづきはまた明日
posted by leyley at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

やったー!

只今パソコンの修理に成功しました!


われながら、なんでもする女だなぁ と感心です


057.JPG


実はここ2カ月ほど、キーボードの調子が悪く『 Z 』が打てなくなってしまってました。


原因はたぶん、子供用のお薬のシロップが数滴飛んだものが数年溜まった埃を固めてしまったのだと…


強力な掃除機でほこりを吸ってみても、何も変わらなかったので


スクリーンキーボードという、画面上に出るキーボードでなんとか使用していたのですが
やっぱり、作業しにくいんです。



こうなったら、パソコンを買い変えるしか方法はなさそう…と大きな出費を覚悟した時




『 キーボードは交換できる しかも 自分で 』  という神のお告げのような記事を発見!




こうなったらするしかないでしょう。



ネットでキーボード1500円を発注し、送料込で2300円(私は速達にしました)



素人の私ですが、最新の注意を払って(うそばっか)やってみました ・・・ら



失敗×2回(笑)



一回は画面が真っ黒になると言う、アクシデント


もう一回は右サイドのキーボードが反応しないという事態




とうとう自分で首を絞めたか・・・と諦め、ダメもとで再度しっかり1からやり直したら



じゃっじゃーーーん!!!   完璧に仕上がったではないでしょうか〜





たらら〜ら らららら〜   ← ビフォーアフターの曲が大音量で頭を駆け巡りました





なぜか 匠 な気分♪


 


仕上げに同じく注文したキーボードカバーも装着し、ほこりとシロップに負けないパソコンに生まれ変わらせました




これで 『ありがとうごあいました』ではなく『ありがとうございました』 って一気に打てるようになりました




ちなみに商品は日本から来た友人に持ってきてもらいました




海外なので日本の電機会社のサポートデスクも無いので自分でなんでもしないといけないのです




電気屋になったり
水道屋になったり
カギ屋になったり
(数日前に4階の壁を忍者のように伝い、開閉可能にしました)
塗装屋になったり
ドロボウを捕まえたり






パリで心身共に、確実に強くなってる気がします。







posted by leyley at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。